給水設備

「水が出ない、勢いが弱い」
「水から変な臭いがする」
重要なライフラインである“水”に関わることですから、給水設備のトラブルは一たび起これば一大事!
気になる症状を発見したら、トラブル対応に実績豊富な当社まで、いつでもお気軽にお電話ください。

また新築や増改築に伴う水道引き込み工事や、給水管の移設・増設といった給水設備工事にも対応可能。
お住まいの間取りや既存の配管構造、お客様のご要望に合わせて、使いやすい配管設計を実現します。
円滑かつ安心な水の供給が行われるよう、経験豊富な職人が細部にまでこだわって施工いたします。

 

給水設備のトラブルもスマートに解決!

◎水が出ない

蛇口の箇所によって、原因や対処策は異なります。
トイレ:
「ストレーナ」と呼ばれる給水管の途中に設置されている器具が詰まっている可能性あり。


家屋内すべての水が出ない場合:
メーターボックス内のバルブが閉栓されている恐れがあります。


集合住宅全体で水が出ない:
貯水槽に水が溜まっているかどうか、給水ポンプが運転不良を起こしていないか、確認しましょう。共有水道設備でトラブルが起きている可能性があります。


現場の状況に合わせて、専門家である私達が適切な施工をいたします。

◎水道から異物が出ている

赤い錆び水が出る:
長い間蛇口を使っていない場合、水道管の内部が錆びて、錆び水が発生することがあります。
しばらく水を出しっ放しにしておくことで解決するケースが多いのですが、改善が見られない場合は当社までご連絡ください。


薄緑色の微細片が出る:
混合水栓下部にあるホースの内面にコーティングされた、合成樹脂が剥がれ出している可能性が高いです。
ホースの交換を行いましょう。


蛇口のまわりに白いものが付着する:
水道水中に含まれているミネラル成分が、水の蒸発後に付着して残っている場合があります。
蛇口まわりの定期的な清掃で改善しましょう。


 

◎水の勢いが弱い

水栓の下にあるバルブが少ししか開いていなかったり、給水管の内部が詰まっていることが考えられます。
集合住宅の上層階に見られる場合は、給水タンクとの落差が少ないことが原因であるケースが多く、給水方式をポンプ加圧式に変更することで解決できます。

 

給水設備工事で、安心の水環境を

新築・増改築や老朽化に伴う給水設備の改設工事、更新工事もお任せください。
「離れで水道を使いたい」
「水しか出ない手洗い場から、お湯も出るようにしたい」
といったご依頼も、技術力自慢の当社にお任せ!
建物の構造やご家族の人数、水の使用量などを総合的に考慮しながら、予算に応じた給排水設備の設計を行います。

また給水管は、約20年が耐用年数の目安。
老朽化が進むと悪臭や錆び水発生の原因にもなりますので、気になる症状を発見したら、まず一度当社までご相談ください。

一覧ページに戻る

お問い合わせ
施工日記

新着記事