水漏れ調査

「そこまで使っていないのに、水道料金が高い」
「検針の際に、水漏れの疑いを指摘された」
「晴れているのに地面が濡れている」
そんな時は、あせらず当社まで水漏れ調査をご依頼ください。

水漏れのサインは、すべてが目に見えてわかりやすいものとは限りません。
特に地中や壁下を走る排水管からの水漏れは、見つけ出すのが難しく、気が付いた時には大掛かりなリフォームが必要になってしまうケースも。

早めの対処が肝心ですので、「もしかして!?」と思ったら、まずは気軽にご相談を。
専門知識を持つスタッフが、専用の機材を用いて調査を行い、隠れた水漏れ箇所を探し当てます。

▼こんな症状はありませんか?

◎最近水道料金が高くなった
◎壁や床がいつも濡れている
◎水の量が少ない
◎赤水が出る
◎水道を使っていない時も配管から音が聞こえる
◎水道局から漏水の疑いがあると指摘があった

 

あなたの自宅は大丈夫?水漏れの見分け方

「水漏れしているような気もするけど、いまいちわからない…」
といった場合は、一度ご自身で簡単にできる水漏れ調査を行ってみましょう。
2STEPで調査が可能なため、気軽に実施していただけます。

【STEP1】家じゅうの蛇口や水栓、水道を止める

洗濯水栓など、普段は開けっ放しにしている水道もすべて閉めましょう。
       ▼

【STEP2】水道メーターをよく観察する

水道メーターの小さいコマが回転していれば、水漏れしている可能性アリ。
動きが確認できれば、当社まで水漏れ箇所の特定・修理をご依頼ください。

 

こんな調査を行います!

◎音聴棒による調査

音聴棒とは、聴診器のように音を増幅させて聞かせる装置です。
水道メーターや給水管などの露出部に金属棒の先端を接触させ、地下や壁下の漏水音をキャッチ。
様々な雑音も同時に入ってくるため、どれが漏水音かを的確に聞きわけなければならず、かなりの経験値が必要とされる調査法です。

◎探知機による調査

騒音が激しい現場や雨天時は、探知機を使って水漏れ箇所を発見します。
雑音をカットするフィルターがついているため、探知効率がアップするのが探知機を使うメリット。
メーターもついているため、実際の音だけでなく目視によっても水漏れを判断することが可能です。

一覧ページに戻る

お問い合わせ
施工日記

新着記事