水漏れ修理

蛇口のポタポタ水漏れから、シンク下の水漏れ、埋設管の水漏れなど、水漏れ修理のことなら何でも当社にお任せください。

パッキンの交換など、ご自身で挑戦される方もいらっしゃいますが、水栓の構造は大変複雑なため、専門的な知識が無ければ逆に水漏れを悪化させてしまうケースもございます。
“水漏れ”と一口にいっても、場所から症状、原因や修理方法まで、ケースによって状況は様々。

時間がかかると水道料金がかさんでしまう恐れもありますので、迅速かつ的確に修理ができる、専門業者にご依頼いただくのが一番です。
長い目で見ると修理と交換はどちらがお得か?など、お客様にとってのメリットを一番に考えた施工法を、ご提案いたします。

 

原因と対処法は?気になる水漏れを解明!

◎蛇口や水栓からの水漏れ

水のトラブルで最もご相談が多いのが、こちらのケース。
蛇口から水漏れしている場合、その多くは部品の破損や欠陥、経年劣化が原因です。
部品を取り換えることで解消される場合が多いので、どのパーツに問題があるのか、専門業者に診断してもらいましょう。

◎シンク下からの水漏れ

キッチンなどのシンク下から水漏れしている場合は、パイプ類の異常が考えられます。
経年劣化や穴が開いている場合はパイプの取り換えが必要。
排水管の詰まりが原因になっている場合は洗浄などで原因を取り除くことで、それぞれ解決できます。

◎地面・屋外の水漏れ

屋外に配管されている、給水管・排水管からの水漏れは、見つけるのが難しい部分。
配水管の劣化のほか、付近の排水口が詰まっているせいで水漏れしていることも考えられます。
水漏れを解消するには、水道管の補修工事や、詰まりの原因を取り除くことが必要。
水道管全体が老朽化している場合は、配管の更新工事をご提案しています。

 

困ったときの応急処置

水漏れしている場所が目視で確認できる場合は、周りをタオルできつく巻き、バケツなどで漏れている水を受け止めるようにしておきましょう。
水が大量に吹き出している場合は、止水栓を閉めることでストップできます。
設備や器具の近辺に止水栓が見当たらない場合や、栓が固くなっていて動かない場合は、家屋全体の水道の元栓を閉めましょう。
一般住宅の場合、道路に面する部分の地面に金属製のふたがついており、開けると水道メーターと止水栓がある場合が多いようです。
元栓を閉めると、家屋全体で水道が使えなくなってしまうので、ご注意ください。

一覧ページに戻る

お問い合わせ
施工日記

新着記事