エアコン取り付け

古くなったエアコンの交換、移設・増設といったルームエアコンの取り付けはお任せください。

一年を通して室内環境を快適に維持してくれるエアコンは、実は大変精密な機械。
取り付け方によっては性能がうまく発揮されない…なんてこともありますので、経験豊富な業者に頼むのが一番です。

当社では後々水漏れ・ガス漏れなどのトラブルが起こらないよう、細部まで丁寧・確実に施工を実施。
ミリ単位まで正確な作業で、エアコンの性能を最大限に引き出します。
配管用の穴開けや専用コンセントの設置など、付随する工事もまとめて当社にお任せください!

 

ご依頼の前に!エアコン工事チェックポイント

エアコン取り付けを依頼する際は、以下のような点をご確認ください。
設置環境や追加工事が必要かどうかでも費用は変わってきますので、現地にて下記のポイントを確認し、お見積りを行っています。

□ 専用コンセントはあるか?

エアコンは一度にたくさんの電力を使用するため、発煙や発火の危険を防ぐためにも、専用のコンセントを使用しています。
電圧・電流の違いによってコンセントの型が異なりますので、使用する機種と既存のコンセント形状が合っているかを確認する必要があります。

□ 配管用の穴は開いているか?

壁用エアコンを設置するには、室内機と室外機をつなぐ配管穴が必要です。
穴がない場合は穴あけ工事が必要になるのですが、外壁にどんな素材が使われているかや、位置によって費用が変わってきますので、現地でお見積りいたします。

□ 電気容量は足りているか?

一般的な家庭用エアコンを使用する場合、電力会社との契約電気容量が、30A以上であることが望まれます。
電気容量が足りない場合は、容量変更や専用回路の増設など、追加工事が必要になります。

□ 室内機の設置場所は?

室内機は、天井と左右の壁から5センチ以上離して取付けます。
通常は配管用の穴のすぐ近くに取り付けますが、エアコンの大きさや壁の形状などからできない場合は、配管用ホースを伸ばすなどして対応する必要があります。

□ 室外機の設置場所は?

室外機は、できるだけ室内機に近い場所に設置することが大切です。
地面やベランダに設置するのが一般的ですが、「排気が気になる」、「スペースが無い」といった場合は、屋根の上や壁面に吊り下げて設置することも可能です。

一覧ページに戻る

お問い合わせ
施工日記

新着記事